みどりむし

地球上で「みどりむし」だけが持つ栄養素パラロミン

■ 脅威の微生物「みどりむし」

みどりむしは、5億年以上前に初めて地球上に誕生した生物の一つで、植物のように光合成をおこない、栄養分を体内に溜め、動物のように細胞を変形させて動く、地球上で唯一の動植物の中間的葉緑体微生物です。

■ 必要な栄養素が全て補える!

必要な栄養素が全て補える! しかも抗菌、抗アレルギー代謝改善、抗腫瘍、抗アレルギーなどの機能。【βグルカン】まで補える、新しい天然の食料です。

生産、製造、管理、研究は東京大学

米国航空宇宙局(NASA)が世界で先駆けて研究。東京大学だけが、大量培養に成功!
みどりむしは、高い栄養価と免疫成分、培養に大量の二酸化炭素を消化(地球温暖化防止)する事から、世界中の研究機関で長い年月をかけて研究されてきました。
ただ培養が難しくアメリカ航空宇宙局(NASA)でも大量培養に成功していませんでしたが、2005年に東京大学を中心とした研究機関が世界で初めて大量培養に成功しました。
現在は、みどりむしを乾燥粉末にして食料(サプリメント)として、第一弾がスタートしています。
今後の展望は、新薬の開発、培養施設の増設によるCo2削減、バイオ燃料の開発などが東京大学内から世界に発信されています。

みどりむし商品紹介

家族全員で

みどりむしを乾燥粉末化してカプセルにいれています。
そのままでもお飲みいただけますが、カプセルを飲めないお子様などはカプセルを開けて粉末を水などに溶いてお飲みください。

成人の方は、1日3〜6粒を目安に、お子様は、1日1〜3粒を目安に。。

ペット用もあります


お問い合わせは・・・
一丁目・渡辺通りサンセルコ2階
TEL 713-8011